株式会社北越 板金製造加工

各技術を駆使した板金製造加工

イメージ:レーザー加工、曲げ加工、溶接、CAD/CAM

北越が創り出す板金加工製品は、「CAD/CAM」「レーザー・タレパン加工」「曲げ加工」「溶接」のそれぞれの技術を駆使して創り出されます。薄物・厚物、金属材料など、それぞれの特性を充分理解し創り出された精密板金加工製品は、お客様のご要望にお応えする確かな”ものづくり”としてとても喜ばれています。

CAD/CAM

すべての製品は最新の3次元CAD/CAMにてモデリングを行います。機械や部品の設計・製図段階でCAD/CAMは必要不可欠でどの企業でもほとんど導入していますが、製造工程をシミュレーションした上でのCAD/CAMによる最適な位置での分解・展開は高品質の製品を生み出す最も重要なポジションと言ってよいでしょう。
イメージ:CAD/CAM

レーザー・タレパン加工

さまざまな板金加工製品を生産するためには、レーザー・タレパン加工の技術がとても重要です。正確かつスピーディーな板金加工を実現するためには、レーザー加工とタレパン(タレットパンチプレス)加工のスムーズな流れと連動が必要です。機械性能やプログラムのだけではなく、経験にもとづいた人による機械操作が加わり、北越ならではの高品質の板金加工が実現するのです。
イメージ:レーザー・タレパン加工

曲げ加工

仕上がりよい板金加工製品において、製函工程における正確な曲げ加工はとても重要です。北越では、単に曲げ加工をするだけではなく、加工時に発生する傷を防ぐため、傷防止用のシートを機械にセットし加工をします。美しい仕上がりを実現するため、小さな心配りも忘れることなく作業をします。
イメージ:曲げ加工

溶接

溶接にはロボットによる溶接と手作業による溶接があります。それぞれの良さと特性を組み合わた生産工程が、難易度とされる板金加工をも可能にします。
イメージ:ロボット溶接
ロボット溶接
イメージ:手作業による溶接
手作業による溶接

完成品紹介

板金製造加工に関するお問い合わせはこちら